おわらの町のくるまや

越中八尾発 よもやま話

北から南へ・・・

北海道旅行から戻っての一週間・・・、あたふたと慌ただしい日々が続き、ようやく元のペースで仕事や諸々の生活が出来るようになったと思いきや、、、

前々から決まっていたことなんだけど、翌週に取引先のお客様の協力会の研修旅行が予定されていて、、それがまたなんと鹿児島だということで。。。3週連続で旅行に出かけることになりました。こんなこと初めてです(><)

5月13日(日)、晴れ!! 最高のお天気、行楽日和。
上空から観た立山連峰、中央アルプスは、感動ものでした。
羽田に着いて鹿児島行きの便まで2時間くらい時間があるというので、一旦出て、国際空港の見学に行きました。研修会ですもの・・見識を広めなくてはね〜〜(^^)
120513-1

鹿児島へ向かう機ではラッキーなことに窓側で、富士山を真上から観ることが出来ました。
思えば晴れてたのは、この時まででして・・・。
120513-2

鹿児島に到着、お天気は今にも泣き出しそうな曇り空。
昼食は、薩摩ビール園で。  黒豚のしゃぶしゃぶ&地ビールが美味しかったです。
120513-3

お宿は、指宿温泉の老舗「秀水園」。純和風で古風な落ち着いたお宿です。
120513-4

着くなり旅館でチケットもらって、近くの砂むし会館に行き砂風呂体験。
その感想は・・・、んーー微妙。けど汗いっぱい出てスッキリ!!
120513-5

そして、宴会です。
会長さん、社長さん、薩摩おごしょに囲まれて幸せそうです(^^)
120513-6

二次会は、旅館のクラブでカラオケ大会♪♪
ずらり並んだ焼酎の中から好きなものを選んで飲むことが出来ました。
120513-7

いろいろ飲んだけど、私的には、この「魔王」が一番でした。
120513-8

翌朝、14日は雨。
雨に加えて風もあって、観光的には、かなり残念なお天気の中、薩摩半島の南端「長崎鼻」に行きました。
この右奥に薩摩富士と呼ばれる開聞岳が見えるはずなんだけどぉ・・・・
120514-1

JR最南端の駅「西大山駅」は指宿枕崎線にあって、一番南に位置する駅です。
一行の中に電車大好きな人がいて、わざわざ立ち寄ってもらいました。
120514-2

知覧特攻平和会館。
4年前、うちの社員旅行で行ったので2回目の訪問でした。
この旅行に参加したいと思ったのも、もう一度知覧に行きたかったから。
忘れてはならない史実と向き合うことで、もう一度自分に性根据えて頑張れ!!と言い聞かせるために。
「今、日本はいい国ですか?」
数百人の遺影が、見学に来ている人達に、そう尋ねているかのよう・・・。
頑張らなくては・・・!!
120514-3

知覧の武家屋敷群を見学しました。
幕末を揺り動かした島津藩の若武者たちは、こんな家で育ったんです。
「質実剛健」・・・・家々とそれぞれの庭が、そんな雰囲気でした。
120514-4

2日目の昼食は、武家屋敷群の中にある鹿児島郷土料理のお店「高城庵」
鹿児島のお料理は、とてもシンプルです。そのひとつひとつがとても美味しくて、焼酎が進みました。
鶏のさしみ、黒豚の煮物、酒すし、さつま揚げ、煮しめ、おそば・・・どれもこれも美味。
120514-5

そんなこんなな鹿児島一泊二日。
お天気には恵まれなかったけどいい旅でした。




北海道は、でっかいどぉ〜!!

5月3日から妻と3泊4日の北海道旅行に行ってきました。
雲の上、全く風景が変わらない空の旅・・・
120503-1

千歳からレンタカー借りて小樽へ。これがニシン御殿です。
120503-2

そして、小樽港
120503-3

小樽運河にて、何十年ぶりかのツーショット(><)
120503-4

120503-5

3日のお宿「宏楽園」、正門から入り口までの桜並木、そして広いお庭に圧倒されました。
120503-6

そしてお料理。北海道米が美味しいのにびっくり、地酒も美味しかった。
120503-7

4日は、朝から雨。大雨警報が出てる中、中山峠を通って洞爺湖へ。私たちが通過した2時間後土砂崩れで中山峠が通行止めになったらしい・・・それは、それでラッキーだったということにしておこう(^^)
120504-1

昭和新山・・・風で、買ったばかりの傘が壊れてしまいました。
ロープウエイは運行中止・・・だけど、駐車料金だけはしっかり取られましたとさ。
120504-2

雨の中、高速道路をひた走り札幌市内へ。豊平館の桜も満開。
120504-3

札幌の路面電車は、細っちぃ!!
120504-4

何で有名だったか定かではない・・・有名な札幌時計台。
120504-5

札幌のホテル・・お向かいは「かに将軍」やっぱり行かねばなるまいて。。。
120504-6

・・・で、奮発してタラバガニのフルコースをオーダー
120504-7
カニに、白の十勝ワインがナイスでした(^^)
120504-8

「かにすき」・・・この期に及んでは、お腹一杯状態(><)、しかし頑張って雑炊まで完食!!
120504-9
5日、雨の高速道路を北上。旭川は旭山動物園に着いた頃・・・奇蹟的に晴れました。
120505-1

皇帝ペンギン♪
120505-2

空飛ぶペンギン♪
120505-3

仲良しなアザラシ♪
120505-4

お昼は、旭川らーめん村で
120505-5

らーめんや天金のコーンバターラーメン&ノンアルコールビール
120505-6

富良野駅近く、北の国から資料館
120505-7

120505-8

資料館から走ること20キロ。麓郷のロケ地「五郎の石の家」
120505-9

「最初の家」
120505-10

5日の宿泊は「フラノ寶亭留」ベランダからの眺望
120505-11

ディナーのメニュー。富良野オリジナル赤ワインが美味=飲み過ぎ
120505-12

月夜・・・、雲の流れが速くって。静かな静かな夜にベランダでビール飲みながら・・・
120505-13

6日、朝。ようやくスッキリ晴れました(^^)v 十勝岳が現れました。
120506-1

フラノ寶亭留の全景です
120506-2

帰路、よく走ってくれたレンタカー。4日間で走った距離は約820辧
120506-3

仕上げ!!千歳空港で、二色どんぶりを食す(^^)
120506-5

・・・と、いう楽しい旅行でした。




観劇&ヒカリエに・・・

4月28日・29日、東京に行ってきました。
目的は、小川もこさんが13年間続けていらっしゃるお芝居「流れる雲よ 2012」を観ることで、都合がつかなくて行けなかった年もあったけど、たぶん7〜8回目になります。

行きは、ビール飲みながら、ほくほく線の車窓からの景色を楽しみながら、ご機嫌な一人旅。
お天気も良くて何より。・・・列車が進むにつれて立山連峰がいろんな姿に変わってくのが、ちょっとした感動であったり・・・。
120428−10001

十日町市あたりには、まだ田んぼにどっさりと雪があったのに驚いたし、越後湯沢あたりは丁度お花見シーズンで、満開の桜並木を眺めることが出来ました。
120428−20001

17時頃に新宿に着いて、逆方向の改札出てしまい・・、あたふた迷いながら京王線に乗って一駅・・・笹塚に到着、ホテルにチェックイン。小腹がすいて入った劇場近くのラーメン屋さんの坦々麺が旨かった(^^)
自由席だから、一時間くらい前から並びなさいよ!!って、もこりすとの名幹事からメールをいただいたので早めに劇場に行くと、既に懐かしい顔ぶれが・・・。
120428−7

毎回、違った場所での公演で今年は比較的小さな劇場でしたが超満員で・・・。
このお芝居・・キャストが変わるだけで基本的には同じストーリーなんだけど、いつも違った新鮮な感動があります。
演出が違うってこともあるけど、観る立場である私自身も日々変化しているわけで、以前は思いもしなかったことを考えてたり・・・年を重ねたというか、少しずつ価値観が変わってきていることもあったりするからなぁ〜。

去年の東日本大震災で起きた原発事故・・・唯一の被爆国であるこの国が起こした、あってはならない事故。どうしてこうなったんだろ?、きっと違った方向に進んでしまっていて、それが当たり前だと感じ暮らしてきてしまってたんだと。
演じるキャストが皆、若い!! 私の子どもたちの年代が多くて、そのことにも改めて思うことがあったり。。
「今、日本はいい国ですか!?」67年前からの問いかけに、「心配しなさんな、ちゃんと軌道修正するからさ!!、大丈夫、いい国だよ!!」って応えたくて、、そう出来るように目標持って頑張らなくちゃね。
いつ観ても、何度観ても良いお芝居です。また来年も観に来ます。
120428−8

お芝居が終わってから近くの居酒屋で小川さんを囲んで懇親会がありました。全国から集まったもこりすとが20人くらい・・・懐かしい話や、それぞれの近況、お芝居の感想etc・・・、明日が楽日というのに小川さん・・最後まで付き合ってくださいました。
お開きになったのは午前3時を過ぎた頃、ホテルに戻ってバタンキューでした。

翌日は、26日にオープンしたばかりの渋谷ヒカリエに。
hikarie

8階フロアー「ハチ」のデザインミュージアムで開催している「47都道府県のデザイン旅行展」に山本食道の暖簾と、かつて福島で、ばあちゃんがやってたもつ屋のもつ鍋が展示してあるって聞いたので、そりゃあ行かねばなるまいと・・・。
解説用のアイポット貸してもらって見て回るんだけど、解説が長くて見てるだけじゃ間が持たなくて・・・、そこそこにして切り上げたけど、それでも2時間あまり。なるほどぉ〜と思いながらも忍耐が必要な展覧会でした。
120429−40001

・・・ちょっと一休みしたくて、椅子に座れてたらいいや!!って軽い気持ちで、同じフロアーで13時から始まるj-waveの公開録音イベントに参加しました。・・・で、「たいらじょう」さんの人形劇を見ました。見てびっくり!!、これが素晴らしいんです。感動ものの一時間あまり・・、今度彼の公演観に行こう!!と決めました。
ホント、いいもの観せてもらいました。しかもスポンサー伊藤園のお茶までもらって(^^)v
120429−10001

公開収録が終わった頃、お昼くらいの時間帯は長蛇の列だった食堂も少し空いてきたみたいだったので、、それでも20分くらい並んだかなぁ〜・・・来たからには食べてみなくちゃと。
120429−20001

何種類かのメニューから選んだのは、大阪のお料理「春野菜のだし煮込み定食」1,500円。
飲み物は、大阪の箕面黒ビール。美味しかったです(^^)
120429−30001

何だかんだと言いながら、同じフロアーで5時間以上遊ばせてもらいました。
外の気温は27°、ヒカリエの中はとっても快適でした。

日野美歌トーク&ライヴ♪

P1130089

2月14日、バレンタインデーの朝、小川もこさんから「歌手の日野美歌さんを紹介したいから夕方一緒に食事しませんか?」って嬉しいお誘いメールをいただいて・・・、久しぶりに会えるって喜び勇んで出かけた私。。。
何か特別な思いがあって声をかけたわけじゃないんだろうけど、お酒を飲みながら今まで小川さんとのご縁で行ってきた数々のイベントの思い出話をしているうちに、「・・・そう言えば、ライブとかしなくなって何年になる??、そろそろ何かやりたいんじゃなぁい?」って振ってきた小川さんの一言が7年ぶりにライブイベントを行うきっかけになりました。

「実はね、4月に美歌さんが富山〜石川でライブツアーすることになったんだけど、4月14日の土曜日だけが決まってなくて、どこかで100人くらいの、こじんまりとした会場でライブ出来ればいいなぁ?って思ってらして・・・武内さんのお知恵を拝借したいんだけど・・・」・・と、言われたところで知恵のない私に出来ることといったら、、実際に自分の出来る範囲でやるしかないっ!!って思ったのと、100人くらいなら6年前に建った駅前の公民館で出来るかな?って瞬時にイメージ出来てしまったこと・・美女二人に挟まれて美味しいお酒飲んでた勢いも手伝って「・・・それなら八尾でやりましょうよ!!」と・・・、言っちゃった(><)

八尾駅前通りの福島商店会が抱える当面の問題は、この地域の活性化について。
お客さんを呼び込むことも大切だけど、この地域に住んでる人たち、商売している人たち自体が元気になることが、それ以上に大切なんじゃないかな?、せっかくこんな素敵な会場があるんだから、ここでいろんな楽しいイベントやろうよ!!って話が盛り上がっていたことも相まって・・・、商店会が協力してくれることになりました。

駅前通りに住む元気な奥さんたちで組織された「あねさん会」ってグループがあります。
「男衆は、ダメだなぁ・・飲んでばかりで」って言っているかどうかは知らないけれど、彼女たちだけで、年に一度この公民館で飲食しながらの楽しいライブイベントを続けてます。
「こんなライブやるんだけど、ちょっと飲み物も出したいし、おつまみとかがあればいいと思うんだけど・・一緒にやらない?」って声かけたら「いいよ!!、・・・けど3,500円って高くない? そこらが心配だね〜・・私たちでチケット売らなくていいんなら喜んで!!」って仲間入り。
桜かふぇinやつお0001

会場自体は問題ないとしても、ここで音を出すとなるとPAが必要だな・・・予算も限られているし、ここはFM富山の敏腕ディレクターにお願いしようと電話したら、そればかりでなくFM富山が後援までしてくれることになって、番組の中で紹介してもらえることになりました(^^)v

ステージは、どうしよう? 市の施設に仮設ステージがあるからそれを借りようと行政センターに行ったら一度は快く承諾してくれた・・・のだが、あとになって「その備品を施設外へ持ち出すのはいかがなものか!?!?」という人が現れたらしく、丁重なお断りの連絡がありました。あ゛ー、ここはもう八尾町じゃなく富山市なのねん(TT)、やりにくくなったものよと諦めて、手作りステージに挑戦することに変更。

3月1日から売り始めたチケット・・・初めての試みで、どんなライブになるのか解りづらかったこともあったのか、なかなかチケットが売れなくて心配したけど、多くの皆さんの協力で無事完売。最終的には150枚以上になりました。

ライブの2日前、小川さんからメールがあって「みやぎびっきの会」の義援金をお願いしたいとのこと。
出来ることなら、喜んで!!って、義援金箱も作りました。
536721_192245130895247_100003292840219_313837_1852015200_n

そして迎えた4月14日、その前々日に富山市内では桜の開花宣言がされたけど、八尾は3日後くらいになる・・
朝から雨模様、残念なことに桜は間に合わなかったけれど・・・。

朝、8時半にスタッフ集合。
54個のビールケースと10枚のコンパネを布テープで貼り合わせてステージを作成しました。
1時間くらいで、立派なステージが出来ました。最後に正面に7年ぶりに日の目を見た「Yatsuo Jazz」のタペストリーを下げて完成!!
2階席を合わせると160席の立派なライブ会場が出来あがりました。

120414-01

12時半頃、予定より1時間も早く日野美歌さんのグループが到着。
小川さん、美歌さん以外とは初めての顔合わせでしたが、なんとなく前から知ってる人たちみたい。ご挨拶もそこそこに皆さんを山元食堂へお連れして、飛騨牛の煮込み定食を食してもらいました。おかみさんの手料理に皆さん感動のご様子。山元食堂の建物にも興味深々の様子でした。

食事のあとは、近くの喫茶店「新だち」でコーヒータイム。
八尾に住んでいながら初めて訪れたお店でしたが、眺めが素晴らしい。井田川を上流から見下ろすここからの景色は感動ものでした。
右下は、コーヒー飲みながら、小川さんが美歌さんにFacebookの講習をする・・の図。
120414-02

観光会館で、曳山を見学してもらい、おわらについて説明を聞いてもらって、プチ観光客気分を味わってもらってから、会場に戻りました。

会場に戻ると大分からの助っ人が既に到着していて久しぶりの再会のご挨拶。
バックで演奏する3人のジャズマン達、真ん中のタペストリー見て各々おっしゃった「今日はジャズじゃないんだけど・・・??」・・・ウーーン・・・、まぁ、いいじゃないの!!(^^)
お客さんが入る前の会場でリハーサルを聴くってのは、主催者の特権でもあり至福のひと時です。
これから始まるライブ、この曲にお客さんはどんな反応を見せるんだろうか?とか、いろいろ考えたり想像するだけで嬉しくなってしまいます。
120414-03

午後5時過ぎにリハーサルが終了。
会場の準備もバッチリ、自由席ということで公民館の前には早くからお客様の列が出来ていました。
120414-04

あねさん会の皆さんのスペシャルおつまみ100個も完成、受付の準備、飲み物の準備も完了。もぎりをする係、下足袋を渡す係、飲み物を渡す係、駐車場案内係・・・事前の打ち合わせをしなくても各々の判断で仕切ることの出来るMOST八尾(実)の面々・・・さすがです。
120414-08

120414-12

大分からやってきたお客様であるはずの彼女に「ねぇ、サラさん!!飲み物のメニュー作ってぇ〜」と図々しくお願いするMちゃん(><)、・・・彼女も彼女、手慣れたもので、それこそサラサラッと書いてしまう・・いやぁ〜大したもんだと感心することしきり。
開場は、6時半の予定でしたが、少し時間を早めて、入ってもらいました。会場は見る見る間に満席状態に。。。
120414-13

午後7時。主催者として簡単にあいさつをしてから、小川もこさんを招き入れ・・・ライブ開演となりました。
メンバー紹介のあと、日野美歌さんが登場。最初はピアノソロで新曲の「桜空」、会場のお客さん一発で聴き惚れてしまった様子。日野さんごあいさつのあとの歌は、「桜のワルツ」。
そのあと、小川もこさんが詩を朗読して美歌さんの歌に繋げるというコラボレーションで2曲・・・初めての試みというけど、そのあたりは、さすがプロ。
・・・と、ここでMCを挟んでゲストプレイヤーのベーシスト谷中さんを呼び込んで、さらに数曲♪
120414-10

美歌さんの歌は、歌詞のひとつひとつが丁寧に優しく伝わってくる・・・知らない曲であっても聴いてる立場からすると、幼い頃に絵本を読み聞かせてもらっているみたいで、次々と情景が浮かんでくる・・そんな感じがしました。まさに歌うために生まれてきた歌姫♪♪
120414-09

バックをつとめるミュージシャン達が、これまた素晴らしく、・・・バンマスは、13種類の楽器を演奏するトロンボーン奏者の佐野聡さん、この日演奏した楽器だけでもトロンボーン・フルート・リコーダー・ハーモニカ・カホーンの5種類、指笛の名手でもあり、とにかく観てて聴いてて飽きないのは、彼の風貌もあってのことかと・・・。
小川さん曰く、イエスキリストのような風貌のピアニスト板倉さん、繊細なピアノが歌をより引き立ててました。予算の関係でグランドピアノを用意出来なかったのが申し訳なく・・それでも充分心に沁みる演奏でした。
一週間くらい前に急きょ参加していただくことになったギタリストのウエキ弦太さん、バークリー音大出身で、いろんな分野で幅広く活躍している彼のギター、そしてコーラスがとってもナイス♪。
ゲストで来てもらった谷中さんも、リハーサルで初めて音合わせをしたとは思えないくらいハマってました♪・・プロなんですから当たり前って言えばそれまでなんだけど・・・。

これだけのメンバーだからバックのミュージャンだけで一曲演奏してもらいたいくらいだったけど、それはちょっとねぇ〜(笑)、・・・このライブの素晴らしさをどう表現していいものやらなかなか巧く言葉に表せないけど本当に良かった。お客さん達の笑顔一杯な表情や様子を時々眺めながら、やってよかったなぁ〜って。
120414-11

アンコールも入れると15〜16曲、2時間30分のライブでしたが、聴いている私たちにとっては、あっという間。
ライブ終了後は、CD販売とサイン会。一人ずつ名前を書いて色紙を渡す美歌さん・・・お客さん達の嬉しそうな顔がなんとも言えず好かった。
・・・と、同時に片付けがはじまりました。スタッフに加わわって大勢の人が手を貸してくれたので私が指示をすることもほとんどなく・・併せて打ち上げの準備もスムーズに出来ました。
120414-14

そして、打ち上げぇ〜〜。
スタッフと関係者、チケット販売に協力してくれた皆さん、出演メンバー・・・総勢60人にもなって、なんだか2次会みたいな状態。チケット完売しちゃったので、お料理もちょっと奮発して、お酒も充分用意しました。
準備が整ったところで、お世話いただいた小川もこさんにご挨拶をしていただき、小川さんの乾杯で懇親会が始まりました。
P1130228

ライブに来て下さった福島おわら保存会の仲間に打ち上げまで残って下さいってお願いして、また踊り子さんにも無理を言って来てもらい、とても素晴らしい演奏を聴かせていただいたお礼にと、“おわら”をご披露しました。
ちょっとした余興のつもりだったけど、皆さん全員が、静かに真剣に観てくださったので・・・弾いていて緊張してしまいましたわ(笑)。若い衆も頑張って踊ってくれましたし・・・(^^)v
おわらを初めて観た佐野さん、板倉さん、弦太さんそれぞれから「素晴らしい伝統文化ですね!?」「感動して涙が出てきたよ・・」「この町が良い町だって、おわらを観て確信しました」などなど・・、うれしい感想を聞きました。「音楽家として衝撃を受けました」・・って大げさなことを言った人もいましたっけ。。
一流ミュージシャンから私たちへの激励の言葉だと謙虚に受け止めながらも、自信を持ってこれからも“おわら”を、・・と同時に若者と子どもたちを育てていかなくてはと思いました。
そして・・美歌さんはじめ皆さん、ぜひぜひ風の盆においで下さいませよぉ〜〜!!
120414-15

打ち上げではいろんな方と楽しく懇談させてもらいました。みんなとっても好い顔で楽しそうで・・・。
しまいには佐野さんがカホーンの説明まで始めちゃって・・・、
そうこうしてるうちに時計は12時を回ってて、「一応ここは公民館だよ、いくらなんでもお開きにしましょう!!」と、言うことで、最後は、来年もまた来るよ!!って約束と一緒に美歌さんに、締めてもらいました。
120414-07

6年前、この会場を建てた地元の棟梁、・・、「ここで、おわらばかりじゃなぁて、コンサートやればいいがだけどのぉ〜、良い音出るはずながだけど・・・誰かやってくれんかのぉ〜?」と常々仰ってたので、このライブを行うにあたって私が最初に相談したのが棟梁でした。そしていろんな面で協力してくれ、応援してくれました。

2ヶ月前に、きっかけをいただいた今回のライブ♪は、大成功。
最初は、まぁ何とかなるだろうって軽く構えてたけど、せっかくやるんだったらちゃんとした形で迎えなきゃと頑張ってPRしました。特に今回は、私が生まれ育った福島地区の人に聴いてもらいたい、経験してもらいたいって気持ちが強くて、縁のあるいろんな人に携わってもらいました。成功したのは、携わった皆さんのおかげです。

皆さんへの恩返しは、またこの場所でライブを成功させることだな。。
これをきっかけにいろんな人がいろんな形で人を元気に出来るようなイベントを興してくれることを期待しつつ、私も地元で頑張らなくては・・・と、なんとなく投げやりにポワンと過ごしてきたこの何年かを反省しつつ、また頑張ろう!!と思えるようになりました。

「YATSUO JAZZ」のタペストリーは、今度6月に八尾の町屋で行う「TOKU&小沼ようすけデュオライブ」のお世話をしている山本君に使ってもらうべくお渡ししました。
私たちがイベントを興す目的は、まずは八尾の人を元気にすること・・・元気で魅力のある八尾の町や人を求めて他からいろんな人が集まってくるってのが良い・・地元の伝統文化を大切に継承しつつ、楽しみながら魅力のある町や人を作っていくのが私たちの仕事かな?(笑)

ゴルフのあとは・・・

120325-3

氷見カントリーでのゴルフのあとは、富山市内まで戻って先輩たちが常連にしているお寿司やさんに連れて行ってもらいました。
マスターと彼のお母さんが二人で切り盛りしているカウンター8席だけの小さなお店。

最初はビールで乾杯して、まずは鉄火巻きから。
そのあとはネタケースに並んでる順にお刺身が出てきます。
サバ・スモークタコ・バイ貝・アオリイカそして貝ひもがついた赤貝は特に美味、絶品!!
それをつまみつつ、熱燗飲みながらするゴルフ談議が楽しくて(^^)

120325-4120325-5120325-6








続いて、アナゴ焼き、白貝焼き、アジのたたき。
仕上げに各々好きなネタで寿司をにぎってもらって大満足(^^)
結局、瓶ビール2本と2合徳利6本飲んで3人で21,000円は安すぎです!!

楽しいゴルフと美味しいお酒・・充実した一日でした。


livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    uniclock
    • ライブドアブログ