110924-19月23日、24日の二日間に亘ってクラブツーリズムという旅行会社主催のイベント「月見のおわら」が行われました。
今年で14年目にもなるって聞くけれど、私がおわらの世話をしていた頃に始まったイベントなので、紆余曲折・・現在の形になるまでの経緯はよく知っています。いろんなことがあって、いろんな人が関わって・・まぁ数々の難題をクリアしながら今に至ってるってところですかね・・。
雨天対策として設営された町民広場の特設ステージは、幸いなことに??今年も使うことなくお天気に恵まれて(><)。
無駄って言えば確かにそうだけど、100パーセント申し込んだ人におわらを見せます!!って豪語してるイベントだから、このステージはいわば保険みたいなものですね。

110924-2私たち福島おわら保存会、今年は二日間とも出演させてもらうことになっていて私は24日に出させてもらいました。
ここ数年、他のイベントと日程がかぶっていて、そちらのお世話をしていた私にとっては久しぶりな月見のおわら♪
「月見のおわら」といいながら、新月に近づいていたため星は見えても全く月が見えない夜でしたが・・・
上新町を流した後、折り返して諏訪町を流しましたが、お客さんの多さに改めて驚きました。
ずらりと並んだ高級そうなカメラ集団を横目に見ながら・・、お客さんは気遣ってくださっているんだろうけど、大勢の人・人・人・・ざわざわとした中の町流し。本番の騒々しさは相当なものなんだろうなぁ・・・、やっぱり静かな福島の夜流しがいいや!!って思いながら歩きました。

110924-3信じられないことだけど、この2枚の写真は同じ時刻、同じ場所からのショットです。ただ写す方向が違うだけ。
流しが終わった場所はすでに閑散としてて、これから流す場所は人の渦。。これも福島では絶対に見れない光景です。
こんなにも大勢の人が、おわらを観るためにお金と時間をかけて来てくださるんだから、これはこれで大いに有難いことなんだと思います。
おわら本来の在り方は別としても、足を運んでくださったお客さんにはきっちり観てもらう、楽しんでもらう・・そのためのおわらってのは、これからもっと大切にしなくてはいけないな。。

110924-4諏訪町通りの町流しが終わったあとは、観光会館前の特設ステージでの踊り方教室・・、その間ちょっと休憩してから上新町の大輪踊りで演奏してこの日の予定は終了しました。
風の盆本番では体験出来ない、旧町でのおわら♪ こんな機会を得ることが出来るのは嬉しいこと、いろんな町の人たちとの交流も出来て、私にとっては楽しいおわらでありました(^^)v