120314-2 一ヶ月後となったライブのチケット・・・この裏に押したハンコは、10年くらい前に、大分の友人が作ってくれたもの。大切にしまっておいたゴム判がこんなふうに役立ってます。

会場周辺のお店にポスター貼ってもらったり、会合のたびにチラシを渡したり、メーリングリストを使って案内したり・・まぁ、ありとあらゆる手法で告知したところ、最近になって日に2〜3の問い合わせをいただいたり、注文いただいたり・・ぼちぼちとチケットが出て行ってます。

コンサートホールではない場所でのライブに3500円はちょっとね〜って声もあったりするけれど、チケットが出回りはじめるといろんなところで話題になって、ちょっと一緒に行ってみようかってことにもなるみたいでして。。。

チケットを売ることの難しさは充分解っているつもり・・・、お知らせを見てすぐに買いにきてくれる人は稀で、やっぱり「買って下さい、聴きに来て下さい」って言って売り歩かなくちゃなかなか買ってもらえない、むしろ売りに来るのを待っててくれる人の方が多いので誰を訪ねるかってことも、日頃のお付き合いから判断しなくちゃなりません。

このような形でイベントをすることに理解を示してくれて、チケットを預かってくれる人もいらっしゃいます。どんな売り方をされるのかは様々で、そのあたりはお任せしてるんだけど、人が人を誘って呼び寄せる・・そんなたくさんのご縁を持って集まった人たちが当日ライブ会場にいらっしゃって顔を合わされるわけですから、そのこと自体、楽しいことだと思うんです。

まだ日もあるし・・これからいろんな会合に出向いたり、いろんな人と会う機会もあります。
あとしばらくは、のんびり構えてお知らせした人たちからのお返事を待つことにします。